スキンビルの口コミ

高速料金の調べ方、ETCの利用履歴の入手法

日本の高速料金は世界一高い!。高速道路は元々、ドイツで第二次世界大戦前にアウトバーンが作られたのが発祥だ。なぜ、世界の多くで無料で使える高速道路があるにも関わらず、日本はそのほとんどが有料で、さらに世界で一番高価な高速道路になってしまったのか。日本は地震が多い故に、橋梁はもちろん、道路にも耐震構造しなければならずその費用が莫大になってしまいます。

どこに行くにもクルマの我が家です。それは近所への買い物も遊びに行くにもそうです。行った先での移動などを考えると、圧倒的にクルマで行った方が便利で安いはず。そんな家族が日本には多いはず。せめて出かける時には高速料金ぐらいは調べてから出かけたくありませんか?

スポンサードリンク


高速道路の料金の調べ方

そんな時に役立つ便利なサイトがあります。料金やルートの検索サイトは、ドラぷらがオススメです。このサイトでの検索方法は6通りあります。

・IC名から検索
・地図から選ぶ
・道路名から選ぶ
・住所から選ぶ
・現在地から選ぶ
・履歴から選ぶ

IC名から選ぶには正しいIC名でなくとも該当する候補が出てきますのでその中から選べます。ひらがなでもOKです。地図から選ぶのは簡単で地図上のIC名のところをクリックするだけです。道路名から選ぶ場合は「東名、東北道」などあらかじめ利用した道路が決まっているとか、高速道路上のサービスエリアに寄りたい時など便利です。住所から選ぶ時は都道府県から市区町村を選んでいきます。現在地から選ぶ時は一般的にはGPSがついているスマホを利用するときに便利です。履歴から選ぶ時は過去に行ったことが有ったり、検索の結果から選択できます。但し、保存期間は3か月と少し短いですね。

ETCの普及率は90%を超えたそうです。ETCならば休日割引、深夜割引などの割引もありますし、首都高速などはETCが付いていないと一律料金が適用され、どの区間でも普通車で1,300円もします。軽自動車でも1,070円になります。ETCを利用すると普通車で300円~1,300円。軽自動車で270円~1,070円と利用区間が短ければとても割安で使えます。東名で東京から京都東までですと普通車で9,900円がETCを利用すると7,210円で済み、往復で5,380円安くなります。アマゾンで一番安いFURUNO FNK-M09T [セットアップ込み] アンテナ分離型 音声案内タイプ 四輪車専用 ETC車載器(セットアップ+送料込み)で5,520円ですので、ほぼ一回で元が取れますね。


スポンサードリンク


ETC利用紹介サービス(登録型)

ETC利用紹介サービス(登録型)の登録には

・ETCカード
・このETCカードでETC無線通行により高速道路を利用した際の車載器管理番号、車両番号(ナンバープレートの4桁の数字)、利用年月日
・パソコンのメールアドレス
※ETCパーソナルカードは過去15か月以内、ETCパーソナルカードは過去62日間にETC無線通行を利用していなければなりません。

車載器管理番号(19桁の数字)が必要になりますが、分かりづらいですよね。
下記の方法から調べることができます。

・ETCマイレージサービスに登録した際に使用していますので、その控え
・ETC車載器をセットアップした際の申込書・証明書(お客様保存用)
・      〃      したお店に確認。控えを保存している場合がある
・ETC車載器本体のラベル
・ETC車載器の一部には車載器管理番号を音声で案内したり表示したりできる

他にも、ETC利用明細が必要な場合には、主なサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)のインフォメーション・売店には「ETC利用履歴発行プリンター」が設置してあるのでETC利用明細書が発行できます。但し、カードに保存できるのは最大100件程度までで、それ以前の利用履歴は印刷できません。サービスエリアなどで休憩する場合には、一度ETCカードを手に持ってETC利用明細書を印刷してみたいですね!いま走ってきたこの時使っている高速道路の料金は未確定の状態なので印刷はできませんのであしからず。クルマに戻った時は必ずETCカードを再セットしてくださいね

 

スポンサードリンク



 

 

ドラぷら

http://www.driveplaza.com