スキンビルの口コミ

オープン オフィス(openoffice)のインストール方法や使い方

オープン オフィス(openoffice)

パソコンを購入するときに気にすることに、マイクロソフト社のOffice製品が有るか無いかが気になりますね。パソコンではインターネットとメールしか使わない方でも、エクセルやワードなどの言葉は聞いたことが有るかと思います。文書作成ソフトや表計算ソフトのことです。会社員になる際にパソコンが使えるかどうかを問われますが、一般的にはエクセルやワードなどを使えるかどうかを聞いています。それぐらいパソコンにはエクセルやワードは必須なものかもしれません。

それぐらい大切なものなのになぜすべてのパソコンにインストールされていないのでしょうか?それはエクセルやワードなどを含んだマイクロソフト社のOffice製品がとても高価なのです。また、ビル・ゲイツに別荘をプレゼントすることになってしまいます。

 

スポンサードリンク


オープン オフィス(openoffice)の使い方

openofficeはマイクロソフト社のOffice製品と同等の機能を無料で手に入れられるオープンなソフトなのです。マイクロソフトのワードに相当するWriter(ライター)、エクセルに相当するCalc(カルク)のほか、DrawやImpress、Base、Mathをインストールすることが可能となります。

文書作成ソフトWriter(ライター)や表計算ソフトCalc(カルク)を使っている分にはマイクロソフトの製品と比べてもそれほど違和感はなく使えると思います。文書などを保存する時には、必ず拡張子をつけておけばマイクロソフトのoffice製品とOpenOfficeのアプリケーションの間で、データを共有・保存しても全く問題なく利用することが可能です。

もちろん、完全互換ではありませんので多少は違いが有るかと思いますが、レイアウトが少し崩れる程度ですので、一般の方が普通に使って、自分で作成・修正・保存している分には問題は出てこないでしょう。人にデータを渡してもそれほど違和感なく使えると思います。ビジネスとしてデータを相手に納品物として納めるには注意が必要でしょう。

 

スポンサードリンク


オープン オフィス(openoffice)のインストール方法

OpenOfficeで日本語版をインストールした場合には、各種メニューやヘルプなどが日本語化されるので日本語版をインストールした方が間違いないでしょう。OpenOfficeをダウンロードするためには、OpenOfficeの日本語版サイトを開いて、お使いのOSを選択してクリックしてください。

途中セットアップを選択する項目が出現するのですが、この際に通常を選択すればマイクロソフトでいうワードやエクセルなど、全部のソフトがインストールされることとなります。

 

なお、Windows版のopenofficeは64bit版は無く、32bit版しかないようです。Windowsの64bitにインストールするときに「JRE」をインストールすることになりますが、その時には64bitのOSには「64bitのJRE」がインストールされることがあります。64bitではなく「32bitのJRE」をインストールしないと「Java Runtime環境が必要です」と表示されるので、32bitの「JRE」をインストールしなければなりません。

 

 

OpenOffice日本語版のダウンロードはこちら

http://www.openoffice.org/ja/download/

スポンサードリンク